どうも、温泉マニアのそいです。

少し前に書いた宿泊予約サイトを比較した記事が中々好評で、その中でもゆこゆこという温泉マニア向けの宿泊予約サイトを個人的にはイチオシしていて、温泉好きの方にもっと使って欲しい…!という思いがあり、個別にフォーカスして便利な点をあげていきます。

スポンサーリンク

ゆこゆこは温泉マニアにとって便利な機能が満載

ゆこゆこには温泉好きが宿泊予約するときに気になるポイントが検索一覧の時点で見れます。

他のサイト(楽天トラベルやじゃらん)だと詳細ページに書かれているのを見つけるか、場合によっては別でGoogleなどでレビューを探さないと分からない部分もゆこゆこなら表示されていたりします。

源泉かけ流しの浴槽の有無が一目で分かる


こちらが検索一覧で出てくる宿の情報ですが見ての通り、源泉かけ流しかどうかが一目でわかります。

その他にも

  • 露天風呂があるかどうか
  • 貸切風呂(家族湯)の有無
  • 送迎をやっているかどうか

など、気になる情報が検索一覧の時点で分かるようになっています。

写真がお風呂最優先なのも温泉好きにとっては重要

検索した時に出てくる写真が料理や部屋ではなく風呂であることが非常に多く、これもめちゃくちゃ参考になります。

こういう感じですが、温泉地は有名でも旅館の名前を聞いたことなければ検索一覧ではスルーしがちになってしまうのですが

温泉マニア的には検索結果に渋い浴槽の写真が出てくるだけで、予約の対象になってしまう、というぐらい重要なことなので、ゆこゆこはその辺りを物凄く良く分かっていて、温泉の写真が優先的に出てくるようになっています。

温泉地別のレビューがめちゃくちゃ参考になる

トップページの温泉ガイド→地域を選んで検索、とすると温泉地がリストになって出てきます。


ここでは温泉地別のレビューが見れるのが非常に良いです、口コミ件数も多いので参考になるはず…

さらに画像の左側を見てもらえればわかるのですが、お湯の特徴や泉質別にそこから絞り込むことも出来ます。

効能別…は中々使わないかもしれませんが、効能で絞り込むことも出来ます。

これが温泉情報サイトならこの情報量は納得なのですが、ゆこゆこは宿泊予約サイトなのでこのままプランを選んで予約まで出来てしまうという恐ろしいサイトです…

温泉地別のページにはなんと日帰り入浴施設の情報も…!


さらに温泉地一覧からはその温泉地の日帰り入浴施設の情報まで載ってます。

宿泊予約サイトなのに日帰り入浴の情報まで分かるあたりは本当に使い勝手がいいというか流石というか…

スポンサーリンク

ゆこゆこの主な活用用法

ここからは自分が使うゆこゆこの活用法を書いていきます。

人気の旅館が満室だったときの代わりの宿探しに

有名な旅館って2か月前ぐらいに予約サイト開いてみても埋まっていたりしますよね?

大体GWとか年末年始の旅館予約しよっと思って行先決めて、サイト見た時にはもう有名な旅館は埋まってる…ってことも多いかと思います。

でもその温泉地の泉質は共通なので、他にいい旅館もあるはず…といって探すときによく使います。

ゆこゆこだとその旅館の温泉の雰囲気が一発で分かるので使いやすく、自分が知らない旅館の情報も検索一覧から次々見ていくことが出来るので、他サイトで使ってた検索の時間を大幅に短縮できます。

温泉地の情報集めに

先ほど上にも書いてますが、温泉地別のページが非常に充実しているので行先を決めた後の行程にも使えます。

周辺の温泉地も含めて何軒かはしご湯する為に日帰り入浴できる施設を検索したり、外出先ではGoogleマップを使いますが、家で検索するときはゆこゆこも充分使えます。

後は口コミが温泉重視で書かれているものばかりなので温泉好きにとっては参考になるかと思います。

 

温泉旅行メディアのゆこたびが普通におもしろい

あとはゆこゆこが展開している温泉旅行メディアのゆこたびが普通に面白くて読んでしまいます。

自分も温泉ブログを名乗っているので頑張らなければいけない分野なのですが、あちらは会社で記者もプロ…普通に読んでしまいますw

温泉レポートも多いですが、季節別のイベントのレビューが多く載ってるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ゆこゆこはサイトとして完成度が高いので温泉好きは是非活用を

ゆこゆこについて書いてきましたがここまで読んでいただければ管理人が推してる意味も大体わかっていただけたかと思います。

まとめると・・・

    • 温泉マニアも納得の情報量
    • 源泉かけ流しの有無などの情報が検索一覧の段階で視認出来る。
    • 宿を検索したときに温泉、浴槽の写真が一番に出てくる
    • 日帰り施設の情報も載っている
    • サイト自体が温泉まみれなので見ていて楽しい
    • 調べれば調べるほど行きたい旅館が出てくる(温泉地以外の無駄な情報が少ない。)

    といったところでしょうか。

    今回はゆこゆこの魅力を温泉オタク目線で精一杯語ってみましたが、是非、皆さん温泉好きが活用しもっと賑やかなメディアになることを願います。

    それではー!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事